1. トップページ
  2. 会社案内

会社案内

高橋提灯会社概要

法人名 髙橋提燈株式会社
代表者 代表取締役 髙橋 康二
URL http://www.chochin.jp/
E-MAIL kyoto@chochin.jp
本店所在地

〒600-8052
京都市下京区柳馬場綾小路下る塩屋町44
TEL(075)351-1768(代)
FAX(075)351-6607

電車でお越しの場合
市営地下鉄 四条駅下車 
阪急 烏丸駅下車 地下道12番出口より徒歩3分

お車でお越しの場合
前面通りは北行き一方通行です。1台P有ます。

本店外観
本店外観
工場所在地
(東営業所)

〒607-8223
京都市山科区勧修寺瀬戸河原町165
TEL(075)501-2929(代)
FAX(075)501-2288

お車でお越しの場合
京都東インターより15分
外環東野交差点より10分
P2台有ります。

東営業所外観
東営業所外観
営業品目 和紙提灯・ビニ-ル提灯各種(寺社祭礼用、広告ディスプレイ用等)、野立大傘、和傘、のぼり、のれん、うちわ、幕類一式、お祭り用小物一式 製造販売
取引金融機関 みずほ銀行京都支店、郵便局
営業時間 9:00~17:00
休日 日、祝、第1・第3土曜日休み

高橋提灯沿革

享保15年4月 初代、近江屋佐兵衛が現在の京都市下京区五条高倉西にて創業
当初は、扇子問屋を営む
2代、近江屋佐兵衛以降、近江屋佐兵衛を世襲
天保2年 「京都商人独案内」に掲載・・・京都市歴史資料館蔵
文久3年 9代、高橋佐助に改名
元治元年 蛤御門の変の戦火により、店舗焼失
現在の地(京都市下京区柳馬場綾小路)に移転開業
10代、高橋市太郎に改名
宮内庁京都御所の御用達となる
11代、高橋提燈店と改名
13代、高橋康二(現代取)が11代の元で修行
昭和46年11月 東京浅草寺 雷門大提灯を松下幸之助氏依頼により制作
以後、現在(平成15年8月;4回目)に至るまで、同提灯の制作を担当
昭和56年9月 大英博物館「江戸大美術展」に英国王室依頼により提灯を多数制作
昭和57年7月 東京浅草寺 雷門大提灯が、全国デザイン協会によるサインデザイン部門賞に入賞
昭和57年10月 京都商工会議所100年顕彰受賞
昭和62年8月 髙橋提燈株式会社に改組
昭和63年 生産量増大に対応するため、京都市山科区に工場設立
  愛知県幡豆郡一色町の「一色町学びの館」に展示される日本最大の和紙提灯「間濱組の大提灯」のレプリカ(原寸大;6×10m)を制作
平成6年~ 平成13年 愛知県幡豆郡一色町、諏訪神社の大提灯祭の大提灯12灯の修復依頼を受け制作
平成13年 京都府より「京の老舗」の表彰を受賞
平成16年3月 京都市より「京の手しごと工芸品製造店」として推奨
高橋提燈株式会社

KYOTO 扇印 享保十五年 高橋提燈株式会社

提灯についてなんでもお気軽に御相談下さい。
専門スタッフが、お応えいたします。

  • TEL.075-351-1768
  • FAX.075-351-6607
  • 受付時間 9時~17時
  • 日、祝、第1・第3土曜日休み
  • 〒600-8052 京都市下京区柳馬場綾小路下る塩屋町44

メールでのお申し込み

ページトップへ

提灯製造販売
高橋提燈株式会社


〒600-8052
京都市下京区柳馬場
綾小路下る塩屋町44

TEL(075)351-1768
FAX(075)351-6607
MAIL kyoto@chochin.jp
平日9時~17時

メールでのお問い合わせ

高橋提灯 旧ホームページ

弊社では長年下記ホームページを掲載しておりました。
以前のホームページより、より良くご利用頂けますようこの度リニューアルをいたしましたが、ご贔屓のお客様用に旧ホームページも残しております。